HOME | 丸山工務店のこだわり | 新築のご案内 | リフォームのご案内 | 施工事例紹介 | 会社案内
丸山工務店の100年住宅は設計すなわちプランを作成するところから始まっています。

ベースになるのはパッシブデザインという考え方。

「パッシブ」とは受動的という意味でエアコンなどの機械は極力使わず、太陽の光、熱そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計手法のことです。

特に東京都近郊の住宅密集地でパッシブデザインするには太陽の位置、隣家や道路との位置関係を十分に検討してプランを作成する事が必要になります。通風には平面だけでなく立体的な検討も行います。

高齢になった時ほど電気やガスなどへの依存率を少なくし、省エネでありながら快適にくらすことが健康を維持できるのです。

上記のことをふまえ、まずはお客様のご要望をすべてお聞きした上で住みやすく、世代交代が進んでもリフォームしやすいプランをご提案致します。
住宅に関する事は株式会社丸山工務店まで。